祝9周年 6万3486人の皆様と楽しむ

2016年01月25日 | お知らせ

 わいず倶楽部は1月20日に、創立9周年を迎え、活動が10年目に入りました。読者、会員の皆様に愛され、活動に賛同していただいている団体や企業の温かい支援、地域交流会を支える読売新聞販売店の心強い協力によって、歩み続けることができました。この紙面を通じて結ばれた全ての皆様に感謝申し上げます。これからも会員の皆さまの意見・要望に耳を傾け、団塊世代を中心としたシニアの生きがい、交流、楽しみ、学びの場をつくって参ります。ご期待ください。

 2007年に生まれたわいず倶楽部の会員数は今年1月15日現在、6万3486人。男女ほぼ同数で、団塊世代が2割強を占め、現在の平均年齢は69.4歳になっています。創立当初から、東大寺お水取りボランティアを毎年開催し、ウォークは34回、クリーン活動は47回実施(今年1月現在)、定例イベントになりました。また、著名な寺社の特別拝観や、「大人の社会見学」も根強い人気を誇ります。

 10周年を1年後に控え、こうした活動をもっと充実させるため、2月から会員向けアンケートを実施します。質問項目は、わいず倶楽部サイトやメールマガジン、地域交流会の配布物などでお伝えし、回答者には抽選でわいずグッズなどが当たります。アンケートの開始は紙面でもお知らせします。多くの皆様の回答をお待ちしています。

(わいず倶楽部事務局長 福島勝彦)

わいず倶楽部Q&A

 同倶楽部への入会やイベントへの参加、会員特典などについて、読者から問い合わせの多い疑問に「Q&A」の形で答えます。

Q 会員になりたい。
A 55歳以上の方ならどなたでも会員になれます。ファクスかはがきに「入会希望」と書き、(1)住所(2)氏名(3)生年月日(4)電話番号(5)ファクス番号を明記して入会申込書を事務局へ請求してください。電話でも受け付けます。WEBでは、フォームに入力すれば登録されます。入会金、会費は不要。イベント参加費など実費は必要です。
Q 朝刊「週刊わいず倶楽部」に載っているイベント、会員特典などに申し込みたい。
A 「応募要領」にしたがってファクス、はがき、WEBでご応募ください。「ひと言」も必須です。応募が多数の場合は抽選になります。当選者には締め切りから10日以内に参加証などをお送りします。落選者への通知はしておりません。
Q 家族や友人と一緒にイベントに参加したい。
A ファクス、はがきで応募の場合は、同行される会員の会員番号、名前を一緒に書けば受け付けます。WEBの場合は、システムの関係で応募者全員が個別に入力する必要があります。その際、全員が理由欄に「同行者希望」と書き、同行者の会員番号、名前を明記してください。抽選はグループごとに扱い、両者当選か両者落選になります。
Q クラブ活動を教えて。
A ウォーク部、クリーン隊では、会員がスタッフとして年4回の活動を企画・立案。活動の下見を行うなど、運営を担います。社会見学や講座などスタッフだけの活動も楽しんでおられます。ゴルフ部は、月例会を年10回開催。会員の企画委員が月1回集まり、コンペを楽しむアイデアを出し合ったり、ゴルフツアーを企画したりします。そのほか、東大寺お水取りボランティア、手話サポート隊、蛍プロジェクト、俳句を楽しむ会、寺社愛好会、ノルディックウォーク同好会があります。

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 記念日の新聞