活動13年 元気発信

2020年01月20日 | お知らせ

 「大人の部活動。読売新聞が応援!」を掲げ、2007年に生まれた「わいず倶楽部」は20日、創設13周年を迎えました。シニア向け会員制組織として、月曜朝刊の週刊わいず倶楽部を「会報」に、体験型イベントやウォーキング、ボランティア、健康セミナー、旅などの情報を発信し、皆様に支持された活動は14年目に入りました。これまでのご協力、ご支援に感謝申し上げます。

 2020年の年初の会員数は8万3000人を超えました。男女比は男性48.5%、女性51.5%で、平均年齢は72歳。これからもより多くの皆様のご期待、ご要望に沿えるよう、努力して参ります。本年も様々な活動にご参加下さい。

写真=(左から)ボールを使った脳トレを紹介した健康セミナー、石清水八幡宮でのクリーン活動、京都の町並みを楽しんだウォーキングイベント

 ◆Q&A◆

このページを初めてご覧になった方や、応募が初めての方向けに、わいず倶楽部に関する「Q&A」をまとめました。入会や応募の参考にして下さい。

Q 何歳から入会できるの?
A 原則は55歳以上ですが、54歳であっても、55歳の誕生日を迎える年であれば入会可能です。入会金、年会費は不要です。
Q 会員でないと参加できませんか?
A 紙面募集のイベント、プレゼントは原則として会員限定です。ご家族や会員でない同行者はお断りしています。ただし、介助者や付き添いが必要な方がイベントなどに当選された場合は、状況に応じて参加を受け入れます。
Q 募集しているイベントが抽選になった場合、当落はどうすれば分かりますか?
A 抽選後、おおむね10日以内に、当選者だけに参加証などを発送しています。落選者には通知しませんが、当落の問い合わせは電話でのみ対応しています。
Q 新規入会すると、会員証はいつ頃届くの?
A 当月の新規入会者の会員証をまとめて製作していますので、入会登録後、最短でも1か月~1か月半かかります。
Q わいず倶楽部WEBサイトからでも入会できますか?
A メールアドレスをお持ちであれば、パソコン、スマートフォンに対応したWEBサイトから入会登録ができます。登録後、会員ログインすると、紙面と同じイベントにすぐ応募できます。
Q イベントに夫婦(または友人と)と一緒に参加したいのですが。
A ご夫婦(友人)とも会員であれば、参加できますが、必ず二人ともそれぞれログインして応募し、「同行希望」として、お二人とも同行を希望する方の名前・会員番号を明記してください。片方の方しか同行希望を書かなかった場合、お一人のみの当選になることがあります。同行希望者としてお互いのお名前・会員番号を書いて応募して下さい。

PR

  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞