「伊勢志摩サミットで未来をひらけ!集会」 参加者募集

2015年12月10日 | お知らせ

※このイベントは終了いたしました。

 読売新聞は内閣官房と共同で、未来貢献プロジェクト「伊勢志摩サミットで未来をひらけ!集会」を、12月18日(金)に神戸市産業振興センターハーバーホール(神戸市中央区)で開催します。

 2016年5月の伊勢志摩サミットに向け、1979年以降日本で開催された5回のサミットを振り返るとともに、主要テーマとなった「エネルギー」「環境」「市場開放」「IT技術」について、ジャーナリスト、専門家、大学教授といった識者が日本の取り組みと現在に続く課題を語り合います。

 元NHK解説委員長の髙島肇久さんがコーディネーターをつとめ、工学博士でバラエティ番組等でも活躍する北野大さん、大手百貨店や多くの飲食店で扱われるブランド豚「みやじ豚」を生産する宮治勇輔さんなど多彩なパネリストが、様々な観点からディスカッションを行います。

 各国の首脳がサミットで何を主張し、何を決めたか。議長国としての日本の歩みを振り返るとともに、伊勢志摩サミットをきっかけとした日本の未来について語り合いましょう。参加無料。

 ご来場の皆様に、太陽光で充電して使えるエコLEDライトソーラー キーチェーンライトをプレゼント(数量限定)します。
※先にメールマガジンから応募された方は、再応募の必要はありません。

★事前の申し込みが必要です。プログラム詳細・申し込みは下記へ
下記特設ページ内、「シンポジウム(伊勢志摩サミット神戸会場)」のページにある応募フォームからご応募ください。
http://www.yomiuri.co.jp/project/mirai/
★お申し込み・お問い合わせ先は、わいず倶楽部事務局と異なります

日時 12月18日(金)午後2時開演(午後4時終了予定)
会場 神戸市産業振興センター ハーバーホール
(神戸市中央区東川崎町1-8-4 神戸ハーバーランド内)
JR「神戸」駅 徒歩約5分
阪神電鉄「西元町」駅 徒歩約6分
神戸市営地下鉄海岸線「ハーバーランド」駅 徒歩約5分
定員 200人
ご来場の皆様に、太陽光で充電して使えるエコLEDライトソーラー キーチェーンライトをプレゼント(数量限定)します。
※先にメールマガジンから応募された方は、再応募の必要はありません。
プログラム出演者
(敬称略)

◇映像「未来をひらけ!伊勢志摩サミット」
◇パネルディスカッション
「サミットの歩みを振り返る
~伊勢志摩サミットに向け、いま何に取り組むべきか。~」

山下ゆかり(一般財団法人日本エネルギー経済研究所理事)
北野大(工学博士、淑徳大学人文学部教授)
宮治勇輔(農家のこせがれネットワーク代表理事、株式会社みやじ豚代表取締役社長)
原田要之助(情報セキュリティ大学院大学教授)

コーディネーター:髙島肇久(海外通信・放送・郵便事業支援機構取締役会長、元NHK解説委員長)

問い
合わせ
未来貢献プロジェクト事務局
<伊勢志摩サミット神戸会場>
(03-5283-5528 平日午前10時~午後5時)

PR

  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス