大人の社会見学 新聞社見学と校閲記者講座に70人

2022年06月27日 | 誰でも

 わいず倶楽部は17、21日、読売新聞大阪本社の印刷工場を見学し、記事チェックのプロ「校閲記者」の流儀を聞く大人の社会見学「意外とスゴい!? 新聞社の秘密」を開いた。会員計70人が4回にわかれて、新聞作りの工程を学んだ。

 ミニ講座では、校閲記者として30年以上、紙面に誤りがないか目を光らせてきた「新聞のちから」委員会講師が、間違い探しのポイントを披露。誤用の多い慣用句や、同じ読みで複数の漢字がある言葉の使い分けなども紹介した。待ち望まれるコロナ禍の「収束」と「終息」のニュアンスの違いには、多くの参加者がうなずいていた。

 ミニ講座付き大人の社会見学は好評なため、今後も開く。

写真=新聞の誤りを直す校閲の仕事について学ぶ参加者(読売新聞大阪本社で)

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 大阪発刊70周年記念サイト
  • 休暇村
  • 学ント
  • 三井住友トラスト・カード
  • 新聞のちから
  • OYS WEBSTORE