冬場のゴルフで気をつけるべきこと――大東プロのゴルフ指南

2023年01月23日 | 誰でも

Q.冬場のゴルフで気をつけなければならないことを教えてください。(50歳代男性)

大東プロの回答
 寒い時期には、日本特有の高麗芝は枯れて茶色の状態になります。緑色に茂った夏の芝生と違い、フェアウェイではボールが芝生の上に浮いた状態ではなくなります。ボールと地面との間が狭くなりますので、より正確なインパクトが要求されます。クリーンにヒットすることを心がけましょう。

 その点、冬場のラフは、夏に比べて抵抗が少ない上に、ボールが芝生に乗った状態になり、打ちやすくなります。芝生の薄い所からのショットより簡単な場合があるので、ティーショットのねらい目を考えてコースマネジメントされることをお勧めします。

 また、早朝や気温が低い時は、芝生が凍っている場合があります。凍ったグリーンはボールが止まりにくいので、手前から転がすことを考えてください。

 気温が低いと体の柔軟性が低下し、服を着こむため体が回りにくくなります。スイングも小さく、速くなりがちです。大きめのクラブを選択して、ゆったりとしたスイングリズムを心がけましょう。スタート前のストレッチに加え、ラウンド中の素振りも多めに取り入れましょう。下半身をドッシリとし、上半身の脱力を意識してください。

 寒い中では体が縮こまりがちですが、ゆったりとした気持ちで、余裕をもってプレーしてください。

(日本プロゴルフ協会 A級ティーチングプロ 大東将啓)

<詳しくはユーチューブの動画で>

写真=「冬は体が縮こまりがち。ストレッチと、ラウンド中の素振りを多めに」と話す大東プロ

⇒これまでの「大東プロのゴルフ指南」はこちらから

◇◇◇

ゴルフについてのお悩み、質問をお寄せください。
(会員ログイン後、入力フォームにご記入ください)

PR

  • 休暇村
  • OYS WEBSTORE
  • 学ント
  • すくすく新聞
  • 新聞のちから
  • サカイ引越センター
  • トリトリと
  • 大阪発刊70周年記念サイト
  • 大阪読売サービス