「司馬遼太郎展」解説会に50人を無料招待 姫路文学館

2017年10月30日 | 会員限定

 作家・司馬遼太郎(1923~96年)の没後20年を記念した特別展「司馬遼太郎展~21世紀“未来の街角”で」を開催している兵庫県姫路市の姫路文学館が、12月1日(金)午後2時から開く特別展解説会にわいず会員50人を無料招待する。同館学芸員による解説の後、自由に鑑賞できる。

 同展では、中世や幕末など歴史の動乱期を描いた司馬作品を、16世紀、19世紀、21世紀に分けて紹介。直木賞作品「梟(ふくろう)の城」を執筆した文机のほか、「播磨灘物語」「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「街道をゆく」などの直筆原稿や初版本が展示されている。

 希望者は11月6日(月)までに申し込む。応募多数の場合は抽選。

写真=司馬遼太郎さん

内容 「司馬遼太郎展」解説会
日時 12月1日(金)午後2時から
姫路文学館(兵庫県姫路市)
定員 50人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 11月6日(月)

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村