大槻能楽堂の新春能に計8人を招待

2017年12月04日 | 会員限定

 わいず倶楽部は、来年1月3、4の両日、大阪市中央区の大槻能楽堂が催す「新春能二〇一八」に抽選で各日4人を無料招待する。

 新春能は恒例の「翁(おきな)」。白い翁面の大夫を、3日が人間国宝の梅若玄祥(げんしょう)さん、4日が観世銕之丞(てつのじょう)さんが勤める。五穀豊穣(ほうじょう)を祈って躍動する3日の三番三(そう)(大蔵流)は茂山逸平さん、4日の三番叟(そう)(和泉流)は野村萬斎さんが演じる。

 他の演目は次の通り。

 ▽3日 狂言「延命袋」(茂山あきら)、能「鷺(さぎ)」(観世喜之)▽4日 狂言「舟渡聟(ふなわたしむこ)」(野村万作)、能「花筺(はながたみ)」(大槻文蔵)

 いずれも午後2時からで、A席。希望日を選び、12月11日(月)までに申し込む。

1月3日 「翁」、狂言「延命袋」、能「鷺」

日時 1月3日午後2時
大槻能楽堂(大阪市中央区)
定員 4人(抽選)
締め切り 12月11日(月)


1月4日 「翁」、狂言「舟渡聟」、能「花筺」

日時 1月4日午後2時
大槻能楽堂(大阪市中央区)
定員 4人(抽選)
締め切り 12月11日(月)

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス