わいずウォーク10周年記念 第1回と同じ天王寺七坂を歩く

2017年12月04日 | 誰でも

 わいず倶楽部のウォーク部発足10周年を記念した「第42回わいずウォーク」が11月25日に開かれ、会員262人が第1回と同じ大阪・天王寺七坂を歩いた。

 午前10時前に大阪市天王寺区の生玉公園で開始式があり、2007年11月の第1回から参加しているウォーク部のスタッフ7人が紹介され、参加者が拍手で労をねぎらった。その後、全員で気勢を上げ、六つの班ごとに出発した。

 この日は快晴で絶好のコンディション。真言坂、源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂と七つの急な坂を上ったり、下ったりし、ウォーク部スタッフが坂の命名のいわれなどを解説した。

 「いくたまさん」で知られる生國魂(いくくにたま)神社、四天王寺支院の愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)、真田幸村が討ち死にしたとされる安居神社などにも立ち寄り、午前11時半頃から四天王寺に順次ゴールした。

 参加者は「大阪に住んでいても訪れたことがなかった場所。ポイント説明で歴史も学べて楽しかった」「リタイアを心配していたが、他の参加者とおしゃべりしながら完歩できてよかった」などと喜んでいた。


写真=(左から)出発前に気勢を上げる参加者たち、天神坂を歩く、口縄坂を上がる(いずれも大阪市天王寺区で)

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 休暇村