片岡愛之助さん座頭の「永楽館歌舞伎」わいずバスツアーでキャンセル出ています

2018年09月11日 |

 近畿最古の芝居小屋「出石永楽館」(兵庫県豊岡市)で毎年開催されている「永楽館歌舞伎」。人気歌舞伎俳優・片岡愛之助さんを座頭に、今年で11回目を迎えるこの歌舞伎公演を楽しみ、行き帰りの車中では、大学の研究者から上方歌舞伎の歴史や奥深さを学べるバスツアーを10月20日(土)に実施します。
 
 7月末の募集直後に満席(39名)となっていましたが、現在、3名様のキャンセルがあり、応募が可能になっています。人気公演ですので、お早めに読売旅行関西法人営業課までお問い合わせ下さい。このツアーはわいず倶楽部と読売旅行の共同企画です。

 今回の演目は、「御所桜堀川夜討」の三段目「弁慶上使(じょうし)」、お目見得口上、「神の鳥(こうのとり)」。「弁慶上使」は、源義経の下、豪傑と知られた武蔵坊弁慶の生涯一度の恋と涙を描いた義太夫狂言の名作。「神の鳥」は過去10回の永楽館歌舞伎上演演目の中からファンによる「もう一度観たい」投票で選ばれました。地元の出石神社を舞台に、「引抜」や「立廻り」など様々な技法、表現方法が詰まった新作舞踊劇となっています。

 往復の車内で語ってくれるのは、佛教大の斉藤利彦准教授(日本文化史)。上方歌舞伎を興行という視点から研究し、役者や裏方が伝承してきた演劇の知恵、知識などへの造詣も深い方です。

日程 10月20日
集合場所 午前7時30分 大阪・梅田
行程 舞鶴道など高速道路で豊岡市へ(昼食は「なだ万」の弁当を用意)
11時00分 出石永楽館「昼の部」開場
11時30分 開演
14時30分 終演 城下町・出石散策
15時30分 出石出発
17時00分 篠山・イタリアンダイニング茜で夕食
20時20分 大阪着予定
参加費 1名様3万9800円
お問い合わせ 企画・実施/読売旅行関西法人営業課
0120・952・141(9:30~17:30 日曜・祝日除く)

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス