第45回わいずウォークは雨の中、70人が「旧吹田村」を巡る

2018年10月08日 | 誰でも

 「第45回わいずウォーク」が9月29日あり、会員70人が水陸交通の要衝として栄えた大阪府吹田市の「旧吹田村」を、歴史と文化に触れながら歩いた。
 
 この日はあいにくの雨で、台風が接近していたこともあり、キャンセルが相次いだ。それでも集まった参加者らはレインウェアに身を包んで、そぼ降る雨の中を班ごとに出発した。
 
 旧仙洞(せんとう)御料庄屋の「旧西尾家住宅」、樹齢700年を超えるムクノキがある「大の木神社」、淀川水運の要所として発展した渡し場跡、江戸時代の旧庄屋「浜屋敷」など「旧吹田村」周辺の約5キロを予定通り巡った。

 各ポイントでウォーク部スタッフが歴史、由緒などを解説。聴覚障害者4人には「手話サポート隊」が、手話と説明文を書いたボードなどでフォローした。

 正午頃、厄よけ開運の神社、泉殿宮にゴールし、参加者は「大半が雨だったが、楽しく歩けた」「近くに住みながら知らなかった神社を訪ねられてよかった」などと笑顔だった。

写真=江戸時代の旧庄屋「浜屋敷」を歩くわいず会員たち

⇒今年最後のウォークは秋の奈良・竹内街道と當麻の里で

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • すくすく新聞