岸和田だんじりの迫力を間近で 10月祭礼見学会を堪能

2018年10月22日 | 誰でも

 大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭10月祭礼」宵宮の6日、わいず倶楽部会員34人が地元世話役の説明を聞きながら、豪快なやり回しなどを見学した。

 商工会議所の協力で3年連続の開催。岸和田だんじり発祥の神社、三の丸神社を参拝後、岸和田だんじり会館で映像や展示物を見て回った。昼食後、JR東岸和田駅周辺に移動し、祭りを観覧した。

 雨上がりの通りを「そーりゃ、そーりゃ」の威勢のいい掛け声を響かせながら疾走する様子に、会員も興奮を隠せない様子。世話役の案内で、休憩中のだんじり近くに寄り、手の込んだ彫り物や、車輪交換の様子に見入った。

 兵庫県西宮市から初参加した太田英雄さんは「こんなに近くで見学でき感激。迫力がありますね」と喜んでいた。

写真=だんじりの彫り物を間近で見るわいず会員たち(大阪府岸和田市で)

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • すくすく新聞