五木寛之さんの講演会に20人を招待 3月20日、大阪倶楽部で

2019年01月28日 | 会員限定

 1912年創立で、大阪で最も歴史のある会員制社交クラブ「大阪倶楽部」(大阪市中央区)は3月20日午後0時45分から、作家の五木寛之さんを講師に迎え、公開講演会を開催する。わいず会員20人を無料招待する。2月15日までに申し込む。

 五木さんは、「蒼(あお)ざめた馬を見よ」で直木賞、「青春の門 筑豊篇」で吉川英治文学賞を受賞。エッセー集「風に吹かれて」はロングセラーになり、「生きるヒント」「大河の一滴」など多数の話題作がある。「下山の思想」「孤独のすすめ」「百歳人生を生きるヒント」など高齢期の生き方に関する著書もあり、今回は「いまを生きる力」をテーマに話す。

 大阪倶楽部の会員以外も参加できる公開講演会は、2012年に倶楽部創立100周年を記念して初めて開かれ、今回で8回目。これまで、ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥さんや雅楽師の東儀秀樹さん、アルピニストの野口健さん、ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大特別教授の天野浩さんらが登壇している。

写真=五木寛之さん(大阪倶楽部提供)

内容 五木寛之さんの講演会
日時 3月20日午後0時45分
大阪倶楽部(大阪市中央区)
定員 20人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 2月15日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞