石清水八幡宮 すっきり

2019年04月29日 | 誰でも

 平成最後となる「第60回わいずクリーン活動」が20日、京都府八幡市の石清水八幡宮で実施された。快晴の下、会員174人が国宝の本殿周辺や参道を清掃し、汗を流した。

 同八幡宮での活動は4年連続。午前10時に開始式を行った後、神職からおはらいを受け、6班に分かれて担当区域に移動。参拝客の邪魔にならないよう、落ち葉が散らばる参道を竹ぼうきで掃いたり、本殿周辺の雑草を抜き取ったりした。

 作業終了後は午前中に「天皇陛下御譲位御安泰祈願祭」が執り行われた本殿を参拝し、祈祷(きとう)を受けた。さらに社殿に施された動物や植物の彫刻、織田信長寄進の「黄金の雨樋」などを神職の説明を聞きながら見て回った。

 大阪府高槻市の男性は「天気に恵まれ、枯れ葉、雑草を取り除けて爽やかな気持ちになりました。これからもクリーン活動に参加したいと思います」と満足そうだった。

写真=本殿前を清掃するわいず会員

PR

  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞