絶景と食 富山冬旅

2019年12月16日 | 会員限定

 わいず倶楽部は、北陸・富山の冬の味覚と絶景を楽しむツアーを読売旅行と共同で企画、来年2月27日出発(新大阪、京都駅から)の1泊2日プランの参加者を募る。

 往復ともJRの特急サンダーバードと北陸新幹線で移動。初日は鋳物のまち・高岡市で世界的な鋳物会社「能作」の工場を見学後、スズの鋳物を製作体験し、氷見温泉へ。ホテル永芳閣で氷見ブリのしゃぶしゃぶと紅ズワイガニを味わい、宿泊する。

 翌日は朝競りを見学し、海越しに立山連峰を望む雨晴海岸や、山門などが国宝に指定されている瑞龍寺を回る。新湊港では紅ズワイガニと白エビの紅白丼を食べ、カニの競りを見学する。新大阪には午後7時半頃に到着する予定。

 定員30人。参加費は3~4人1室が、1人6万9800円(2人1室は1人7万800円。1人参加は男女別の相部屋で、6万9800円)。企画・実施は読売旅行関西戦略営業課。問い合わせは0120・952・141(日曜祝日を除く午前9時半~午後5時半)。今月27日に締め切って抽選し、当選者に申込書を送る。改めて予約が必要。

写真=(左から)紅ズワイガニ、氷見ブリのしゃぶしゃぶ

内容 北陸・富山の冬の味覚と絶景を楽しむツアー
日時 2020年2月27日出発(新大阪、京都駅から)
1泊2日
定員 30人
参加費 3~4人1室 1人6万9800円
2人1室 1人7万800円
1人参加は男女別の相部屋 6万9800円
締め切り 12月27日
(抽選し、当選者に申込書を送る。改めて予約が必要)
問い合わせ 読売旅行関西戦略営業課
0120・952・141(日曜祝日を除く午前9時半~午後5時半)

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス