話芸を堪能――第5回わいず寄席

2020年02月17日 | 誰でも

 プロの噺家(はなしか)とアマチュア落語愛好家による「第5回わいず寄席」が1日、大阪市北区の読売大阪ビル地下1階「ギャラリーよみうり」で開かれ、会員ら103人が楽しい話芸を堪能した。

 生のお囃子(はやし)が流れる中、5人のアマチュアが登場。高校生のお笑い日本一を決める「笑顔甲子園」でグランプリを獲得した経験を持つ大学生や、「社会人落語日本一決定戦」で準優勝したことがある女性らが高座に上がり、爆笑を誘った。

 トリは林家染二さんが務め、会場には終始、笑い声が響いた。会員らは「アマチュアの方々の個性が面白かった」「実力派ぞろいで驚きました」と話し、笑顔で会場を後にした。

写真=笑いに包まれたわいず寄席

PR

  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • OYS WEBSTORE
  • すくすく新聞