晴れ舞台 ドキドキ演奏――けいおん♪発表会

2020年03月02日 | 誰でも

 わいず倶楽部の会員が軽音楽の演奏を披露する「わいず倶楽部文化祭 けいおん♪発表会」が2月20日、大阪市北区のライブハウス「梅田トラッド」で開かれた。

 発表会は音楽を「聴く」よりも「聴衆がいるステージで演奏したい、歌いたい」という会員の要望に応えようと企画した。当日は7組がステージに立ち、出演者の友人ら63人が演奏を聴いた。

 大阪府東大阪市の原田和春さんは、複音ハーモニカで村田英雄さんの「無法松の一生」や二葉百合子さんの「岸壁の母」などの昭和歌謡や、「夕焼け小焼け」などの童謡を演奏した。

 当日が72歳の誕生日だった原田さんは「発表会の日が誕生日だと知ってすぐに応募した。こんな誕生日は初めてで、記念になりました」と喜んでいた。

 「BAND濱畑」は兵庫県加古川市の夫婦バンド。濱畑尚志さん(58)と憲子さん(58)が、ギターの弾き語りで、井上陽水の「東へ西へ」などを披露した。

 2人そろってステージに上がったのは、この日が初めてだった。子供の頃からギターに親しんでいた尚志さんに勧められ、1年半ほど前からギターを始めた憲子さんは「緊張と恥ずかしさでなかなか客席が見られなかった。でも楽しかったし、こんな機会があれば、また出たい」と話していた。

写真=わいず会員が演奏を披露した「けいおん♪発表会」

PR

  • OYS WEBSTORE
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター