正倉院展、今年は会員特典ありませんーー観覧券は20組40人に

2020年10月05日 | 会員限定

 奈良国立博物館(奈良市)で24日から11月9日まで開催される「第72回正倉院展」(読売新聞社特別協力)は、新型コロナウイルス対策として事前予約の日時指定入場制を導入した観覧が行われる。このため、わいず倶楽部は会員証の提示で会員本人と同伴者1人まで200円を割り引く恒例の会員特典を今年は実施しない。

 今回は、遣唐使が中国から持ち帰ったとされる白銅製の鏡「平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)」など計59件(初出展4件)が展示される。

 当日券の販売はなく、観覧には「前売り日時指定券」の予約・発券が必要。「読売新聞オンラインチケットストア」では、10月6日まで抽選販売する。「ローソンチケット」「チケットぴあ」では先着順で販売中。

 会期中は無休で、午前9時~午後6時(金・土・日曜、祝日は午後8時まで。入館は各日とも閉館の1時間前まで)。通常券は一般2000円、中・高・大学生1500円。

◇◇◇

 わいず倶楽部は30日午後2~3時の観覧券を20組40人(応募多数時は抽選)にプレゼントする。12日までに申し込む。

内容 「第72回正倉院展」観覧券
日時 日時指定入場制
10月30日午後2~3時
当選者数 20組40人(応募多数時は抽選)
締め切り 10月12日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

PR

  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • OYS WEBSTORE