奈良県立美術館「ブラチスラバ世界絵本原画展」に20人を招待

2020年10月19日 | 会員限定

 奈良県立美術館(奈良市)では、12月13日まで「ブラチスラバ世界絵本原画展 こんにちは!チェコとスロバキアの新しい絵本」(読売新聞社など主催)が開催されている。わいず倶楽部は会員20人を招待する。申し込みは26日まで。

 ブラチスラバ世界絵本原画展は、スロバキアで2年ごとに開かれる世界最大規模の絵本原画コンクールとして知られる。

 第27回展(2019年10月~20年1月)から、スロバキアとチェコの作家を中心に紹介するほか、スロバキアと日本の交流100年を記念して、日本から荒井良二、軽部武宏、さかたきよこ、田島征三、田島征彦ら15作家の作品も出品されている。

写真=ヴラジミール・クラール「鳥の伝説」スロバキア 2013年

内容 ブラチスラバ世界絵本原画展
日時 12月13日まで
奈良県立美術館(奈良市)
当選者数 20人(応募多数時は抽選)
締め切り 10月26日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

PR

  • OYS WEBSTORE
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村