練習場では毎回こつこつ課題に取り組む―――大東プロのゴルフ指南

2021年09月20日 | 誰でも

Q.効率的に上達できる練習場の使い方を教えてください。(50歳代男性)

大東プロの回答
 まず、目的を持った練習をお勧めします。例えば、「トップをコンパクトに」のように、毎回一つの課題に取り組むようにしましょう。それをクリアしてから次の課題に進むことが大切です。

 1階の打席は知らないうちにボールを上げようとしてスイングを崩す可能性があります。打ち下ろしとなる2階、3階の打席をお勧めします。

 また、フルスイングでまっすぐのボールを打つ練習ばかりされている人を多く見ます。まず30ヤードのアプローチショットを練習しましょう。ショートスイングは、全てのショットの基本です。それに加えてハーフスイングやスリークオーター(4分の3)ショットも、コースでプレーする時に役立つはずです。

 さらに、曲げる球や低い球、高い球など様々なボールを打つ練習をすれば、プレーの幅も広がります。

 ショットを打つ前は、コースで打つ時のようにボールの後ろに立ち、目標を定めて、打つべき球筋をイメージした上で、アドレスに入りましょう。

 練習場では、いろいろな「トライ&エラー」をすることができます。例えばグリップの握り方を変えて、どんなボールになるか試してください。スライスゴルファーなのに、ウィークグリップ(左手の握りが浅い)の人が少なくありません。左手の甲が天井を向くぐらい極端にグリップしてみてください。ボールの捕まりが良くなることに驚くと思います。

 いろいろなドリルや小道具を使った練習も効果的です。片手打ちドリルは、それぞれの腕の働きを知る意味で有効です。わきにバスタオルを挟めば、腕の使い過ぎを抑え、体幹で打つ感覚が身に付きます。

 「練習はうそをつかない」ことを肝に銘じて、上達の階段を一段ずつコツコツと上っていきましょう。

(日本プロゴルフ協会 A級ティーチングプロ 大東将啓)

マナー&ルール コース内の救済方法

▽動かせない障害物がある時
▽ウォーターハザード(赤杭)
▽アンプレアブル
▽目的外グリーン
<詳しくはfacebookの動画で>

写真=「1球ごとにボールの後ろに立って目標を定めましょう」と話す大東プロ(兵庫県西宮市で)

⇒これまでの「大東プロのゴルフ指南」はこちらから

◇◇◇

ゴルフについてのお悩み、質問をお寄せください。
(会員ログイン後、入力フォームにご記入ください)

PR

  • 休暇村
  • OYS WEBSTORE
  • 大阪読売サービス
  • 学ント
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター