聖徳太子ゆかりの奈良・京都を学ぶ――11、12月に講座と日帰りツアー

2021年10月04日 | 会員限定

 聖徳太子の1400年遠忌を記念して、わいず倶楽部と読売旅行は、聖徳太子と奈良、京都との関わりを学ぶ講座と現地を訪れる日帰りバスツアーを11、12月に行う。いずれも講師は「らくたび」代表の山村純也さんが務める。

 講座は奈良編が11月8日、京都編は11月30日で、共に午後1時30分から、読売大阪ビル地下1階のギャラリーよみうり(大阪市北区)で開催する。会場での受講費は各2000円、オンライン受講は各1500円。

 バスツアー奈良編は11月26日午前8時30分にJR大阪駅近くを出発し、聖徳太子生誕地とされる橘寺や世界遺産・法隆寺などを参拝する。法隆寺門前の「布穀薗」で昼食を取った後、中宮寺や飽波(あくなみ)神社を巡る。参加費は2万800円。

 バスツアー京都編は12月12日午前9時30分にJR京都駅近くを出発。広隆寺や重要文化財「八坂の塔」で知られる法観寺、六角堂など太子が創建したと伝わる寺を訪れる。昼食は「仏亜心料理 貴匠桜」で創作フレンチを味わう。参加費は1万9800円。

 ツアーは、新型コロナワクチンを2回接種して出発日の前日までに14日以上経過しているか、出発日の3日前以降にPCR検査または抗原検査で陰性証明済みの人が対象。申し込み、問い合わせは、読売旅行営業本部グループ営業部関西(0120・952・141。土日、祝日を除く午前10時~午後5時)へ。締め切りはいずれも10月15日で、応募者多数の場合は抽選。当選者には申込書を送り、あらためて予約してもらう。

写真=(左から)世界遺産の法隆寺(奈良県斑鳩町で)、法観寺の八坂の塔(京都市で)<KIYOMIZU京都東山提供>

内容 聖徳太子と奈良、京都との関わりを学ぶ講座と現地を訪れる日帰りバスツアー
日時 ■講座
<奈良編>
11月8日午後1時30分から
読売大阪ビル地下1階のギャラリーよみうり(大阪市北区)
<京都編>
11月30日午後1時30分から
読売大阪ビル地下1階のギャラリーよみうり(大阪市北区)
■バスツアー
<奈良編>
11月26日午前8時30分にJR大阪駅近くを出発
<京都編>
12月12日午前9時30分にJR京都駅近くを出発
参加費 ■講座
会場受講 各2000円
オンライン受講 各1500円
■バスツアー
奈良編 2万800円
京都編 1万9800円
対象 新型コロナワクチンを2回接種して
出発日の前日までに14日以上経過しているか、
出発日の3日前以降にPCR検査または抗原検査で陰性証明済みの人
締め切り いずれも10月15日
(応募者多数の場合は抽選。
当選者には申込書を送り、あらためて予約してもらう)
申し込み・
問い合わせ
読売旅行営業本部グループ営業部関西
0120・952・141(土日、祝日を除く午前10時〜午後5時)

※バスツアー京都編の日程について、週刊わいず倶楽部紙面では12月26日に実施となっていますが、正しくは12月12日です。

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

⇒読売旅行のホームページはこちら

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • OYS WEBSTORE
  • 学ント
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 休暇村