大人の社会見学「だんじり祭の舞台裏を巡る」 8月28日 岸和田で

2022年07月18日 | 募集終了

 わいず倶楽部は8月28日、豪快なやり回しで知られる「岸和田だんじり祭」(大阪府岸和田市)の9月祭礼に向けた準備を見学し、見どころを学ぶ大人の社会見学「だんじり祭の舞台裏を巡る」を開きます。祭り気分を一足先に味わうイベント。会員向けに地元の協力を得て企画、初めて実施します。

 だんじり祭は一昨年、新型コロナウイルスの影響で75年ぶりに中止されました。緊急事態宣言発令中だった昨年は、主催者側が見物自粛を呼びかける中での開催となり、不参加のだんじりもありました。今年の9月祭礼(9月17、18日)は久しぶりにコロナ前の姿に戻る見通しで、地元の熱気は高まっているそうです。

 大人の社会見学ではまず、実物のだんじり展示などで祭りの迫力を伝える「岸和田だんじり会館」を見学します。展示物やビデオを観賞した上で、祭礼責任者にあたる「年番長」経験者が、祭りの歴史や見どころに加え、地元の人しか知らない裏話をたっぷりと披露してくれます。

 昼食を各自でとった後、やり回しが行われる「カンカン場」や岸和田駅前商店街など飾り付けが始まった曳行(えいこう)コースを散策。祭りを前に手入れや点検を行う地区のだんじり小屋も訪問します。だんじりを飾る豪華な彫刻などを、説明を聞きながら、間近に見ることもできます。

 だんじり制作の工務店や提灯(ちょうちん)店も訪ね、祭りを支える人たちの思いに触れます。

 定員40人。参加費は1人7000円(だんじり会館入場料、お土産代、協力金など)。7月25日までに申し込んでください。応募者多数の場合は抽選します。

 わいず倶楽部では、10月に岸和田市の東岸和田地区で行われる10月祭礼の宵宮(10月8日)の見学会も計画しており、改めて募集する予定です。

写真=だんじりを点検する市民ら(2021年、岸和田市内で)

内容 大人の社会見学「だんじり祭の舞台裏を巡る」
日時 8月28日
岸和田だんじり会館など
定員 40人(応募者多数の場合は抽選)
参加費 1人7000円(だんじり会館入場料、お土産代、協力金など)
締め切り 7月25日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

終了しました

PR

  • 学ント
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター
  • 三井住友トラスト・カード
  • OYS WEBSTORE
  • すくすく新聞
  • 10周年の歩み
  • 大阪発刊70周年記念サイト