歌舞伎のお化けの絵など92点 大阪・池田 逸翁美術館 会員40人招待

2022年08月01日 | 募集終了

 歌舞伎などに登場する妖怪や幽霊の絵などを紹介する企画展「ひゅうどろどろ 怪奇まつり 歌舞伎に出てくるオバケだぞ~」が9月4日まで大阪府池田市の逸翁美術館で開かれています。わいず倶楽部会員40人を招待します。8日までに申し込んでください。

 「東海道四谷怪談」や「播州皿屋敷」「怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」など、歌舞伎の演目や役者を紹介する江戸時代から明治時代にかけての錦絵を中心に、昭和、平成時代に人気を博した漫画家・水木しげるさんが監修したお化け屋敷のポスターも含め計92点を展示。恐怖や驚き、滑稽さなど多様なお化けの魅力が楽しめます。

 毎週月曜休館。一般700円、65歳以上500円、大学・高校500円。

写真=国芳画 「東海道四谷怪談」(1831年)=逸翁美術館提供

内容 企画展「ひゅうどろどろ 怪奇まつり 歌舞伎に出てくるオバケだぞ~」
日時 9月4日まで
逸翁美術館(大阪府池田市)
当選者数 40人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 8月8日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお願いします。

終了しました

PR

  • 大阪発刊70周年記念サイト
  • 学ント
  • 三井住友トラスト・カード
  • OYS WEBSTORE
  • 新聞のちから
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • すくすく新聞