奈良市杉岡華邨書道美術館「大阪教育大学で学んだ書家群像」展 10人ご招待

2022年11月07日 | 募集終了

 かな書の第一人者、杉岡華邨(かそん)(1913~2012年)の代表作を集めた奈良市杉岡華邨書道美術館で、書の専門教育を行っている大学に注目した企画展「大阪教育大学で学んだ書家群像」が来年1月9日まで行われています。わいず会員10人を招待します。11月14日までに申し込んでください。

 大阪教育大は、明治6(1873)年開設の講習所に始まる約150年の歴史の中で、多くの書家や書道史・書教育の専門家を輩出してきました。杉岡華邨も、旧大阪第一師範学校の時代から約30年間、大阪教育大で後進の指導にあたりました。企画展では、教育大卒業生の中から、前島泉洲(日展会員)、山本高邨(日展会員)、篠田聴泉(新書派協会会長)ら、現在も活躍中の20人の作品を紹介しています。

 休館日は、祝日を除く月曜日と祝日の翌日、12月26日~1月5日。期間中、出品者による書道実技講座「カレンダーを書こう」を予定しています。事前申し込みが必要です。

 問い合わせは奈良市杉岡華邨書道美術館(0742・24・4111)へ。

 詳しくはこちらから(外部のサイトへ移動します)。

写真=前島泉洲 「清滝」 令和2年

内容 企画展「大阪教育大学で学んだ書家群像」
日時 2023年1月9日まで
奈良市杉岡華邨書道美術館
休館日は、祝日を除く月曜日と祝日の翌日、12月26日~1月5日
当選者数 10人
締め切り 11月14日
問い合わせ 奈良市杉岡華邨書道美術館(0742・24・4111)

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお願いします。

終了しました

PR

  • 休暇村
  • 学ント
  • OYS WEBSTORE
  • サカイ引越センター
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • トリトリと
  • 大阪発刊70周年記念サイト