活動弁士付き無声映画上映会 2月21日 神戸・東灘で 会員500人ご招待

2023年02月02日 | プレゼント

 わいず俱楽部は2月21日午後2時から、神戸市東灘区の「うはらホール」で、活動弁士とピアノ演奏付き無声映画上映会「活弁ライブ『続わいず活動寫眞舘(しゃしんかん)』」を開きます。昨年好評だった企画の第2弾で、「月世界旅行」と「雄呂血(おろち)」の2本を上映します。参加無料で、募集は500人。30日までに申し込んでください。

 映画が活動写真と呼ばれ、音がなかった時代。映像に合わせて楽器を生演奏し、活動弁士が情感を込めて場面を解説する上映が日本独自の文化として発展しました。個性豊かな弁士の熱演など、活弁の魅力に触れてみませんか。

 「月世界旅行」(13分)は1902年のフランス映画。「映画の魔術師」と呼ばれたジョルジュ・メリエスが監督、主演を務めたSF作品で、砲弾型ロケットに乗って月に着陸した天文学者たちの奇想天外な体験を幻想的に描いています。公開当時、様々なトリック撮影が世界中の観客を沸かせました。

 「雄呂血」(74分)は1925年公開。無声映画期を代表するチャンバラ時代劇の傑作です。純粋で正義感の強い若侍が、ある誤解から藩を追われて世間の矛盾にさいなまれ、ついには怒りを爆発させます。23歳のバンツマこと阪東妻三郎の大立ち回りが見どころ。監督は名匠・二川文太郎。

 両作品とも、弁士は大森くみこさん、ピアノ演奏の楽士は鳥飼りょうさん。

 ※弁士・大森くみこさんの活躍は、読売新聞オンラインの記事で、ご覧いただけます(外部のサイトへ移動します)。

写真=(左から)「月世界旅行」の一場面(無声映画振興会提供)、「雄呂血」の一場面(マツダ映画社提供)

内容 活動弁士とピアノ演奏付き無声映画上映会
「活弁ライブ『続わいず活動寫眞舘』」
日時 2月21日午後2時
うはらホール(神戸市東灘区)
定員 500人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 2月3日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお願いします。

PR

  • トリトリと
  • よみうりカルチャーOSAKA(大阪よみうり文化センター)
  • OYS WEBSTORE
  • 大阪読売サービス
  • 新聞のちから
  • 休暇村
  • 学ント
  • すくすく新聞
  • サカイ引越センター