東アジアの仏教美術・工芸の特別企画展 奈良・大和文華館で 会員10人ご招待

2023年01月23日 | 募集終了

 東アジアの仏教信仰から生まれた仏像や仏画、僧侶が使う道具などを紹介する特別企画展「麗しいほとけと仏教工芸-中国・朝鮮・日本の仏教美術-」が2月19日まで、奈良市の大和文華館で開かれています。わいず会員10人を招待します。1月30日までに申し込んでください。

 インドで生まれた仏教は、中国や朝鮮半島、日本などへ広まり、様々な美術品、工芸品が生まれました。また、仏教を学ぶために日本から中国に渡った僧侶は、経典とともに修法や儀式を行うための道具も持ち帰りました。本展では、麗しい仏の姿を表現した金銅如意輪観音像(中国・唐時代)や、きらびやかな装飾の金銅柄香炉(日本・鎌倉時代 個人蔵)など70点を展示しています。

 問い合わせは大和文華館(0742・45・0544)へ。

 詳しくはこちら(外部のサイトへ移動します)。

写真=金銅如意輪観音像(中国・唐時代 大和文華館蔵)

内容 特別企画展「麗しいほとけと仏教工芸-中国・朝鮮・日本の仏教美術-」
日時 2月19日まで
大和文華館(奈良市)

休館:月曜日
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
当選者数 10人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 1月30日
問い合わせ 同館(0742・45・0544)

プレゼントご希望の方は希望理由をご記入ください。

終了しました

PR

  • 新聞のちから
  • 休暇村
  • OYS WEBSTORE
  • 大阪読売サービス
  • よみうりカルチャーOSAKA(大阪よみうり文化センター)
  • すくすく新聞
  • トリトリと
  • 学ント
  • サカイ引越センター