ノーベル賞受賞の天野浩さん講演会(8/9)に25人を招待 大阪倶楽部

2017年07月03日 | イベント

 1912年(大正元年)に設立された大阪で最も歴史のある会員制社交クラブ「大阪倶楽部」(大阪市中央区)は8月9日(水)、青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大教授、天野浩さん(56)を講師に招き、公開講演会を開く。わいず倶楽部会員25人を招待する。
 
 講演会は、国の登録有形文化財である同倶楽部会館の4階ホールで午後0時30分開演。天野さんは、LEDで光の三原色を開発するまでの長い道のりと、未来に向けての研究などについて話す。
 
 公開講演会は、大阪倶楽部創立100周年の12年から毎年実施しており、6回目。これまでに山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長、雅楽師の東儀秀樹さん、アルピニストの野口健さんらが講演している。
 
 7月10日(月)必着。応募多数の場合は抽選。

写真=天野浩さん

内容 ノーベル賞受賞の天野浩さん講演会
日時 8月9日(水)会員制社交クラブ「大阪倶楽部」(大阪市中央区)
午後0時30分開演
定員 25人応募多数の場合は抽選)
締め切り 7月10日(月)
<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 
終了しました

PR

  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター