秋の音楽会に会員計180人をご招待

2017年08月07日 | プレゼント

 9月と10月に催される三つの音楽会にわいず会員計180人を無料招待する。ヴァチカン国際音楽祭2017記念「モーツァルト レクイエム」に50人、ピアニストのエルンスト・ザイラーさん追悼コンサートに30人、小学5年生のピアノリサイタルには100人をそれぞれ招く。8月16日(水)までに申し込む。いずれも応募多数の場合は抽選。音楽会に関する問い合わせは大阪アーティスト協会(06・6135・0503)へ。


「モーツァルト レクイエム」に50人 10月18日

 「モーツァルト レクイエム」は、世界で活躍する西本智実さんの指揮で、10月18日(水)午後7時から、兵庫県尼崎市のあましんアルカイックホールで開かれる。
 
 2013年にヴァチカン国際音楽祭にアジア初の団体として招聘(しょうへい)され、喝采を浴びた「西本智実とイルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団」が、5年連続で招かれた。今年11月には、イタリア・ローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂での演奏に臨む。
 
 今回は、これに先駆けた記念公演。演奏曲はモーツァルト晩年の傑作「レクイエム」、「戴冠(たいかん)式ミサ」で、西本さんのタクトによる崇高で清澄な響きにいざなわれる。
 
 西本さんは大阪市出身で、大阪の文化や芸術の魅力を国内外にPRする「大阪国際文化大使」に選ばれている。コンサートには、ほかにソプラノ熊本佳永さん、アルト野上貴子さん、テノール小堀勇介さん、バリトン田中勉さんが出演する。

写真=「レクイエム」を指揮する西本智実さん

内容 「モーツァルト レクイエム」
日時 10月18日(水)午後7時から
あましんアルカイックホール(兵庫県尼崎市)
定員 50人
締め切り 8月16日(水)(応募多数の場合は抽選)
問い合わせ 大阪アーティスト協会(06・6135・0503)


ザイラーさん追悼コンサートに30人 9月25日

 ザイラーさんの追悼コンサート「ドイツの魂」は、9月25日(月)午後7時から、今年4月にオープンした大阪市北区の大阪工業大梅田キャンパス「常翔ホール」で催される。
 
 ドイツ出身のザイラーさんは来日後、妻の和子さんと「ザイラーピアノデュオ」を結成し、連弾の名手として国内外で活躍。1989年からは、京都府南丹市に福井県の古寺を移築した「かやぶき音楽堂」を拠点に年2回の「かやぶきコンサート」などの活動を続けてきた。
 
 今年3月、急性骨髄性白血病のため82歳で急逝。5月の「かやぶきコンサート」は和子さんがザイラーさんの代役を立てて開催した。
 
 今回のコンサートでは、和子さんと、長女のバイオリニスト、キオさんがデュオでザイラーさんをしのぶ。モーツァルトの「ヴァイオリンソナタ第21番」、メンデルスゾーン「5月のそよ風」、ブラームス「ヴァイオリンソナタ第1番 雨の歌」などが披露される。

 写真(左から)=エルンスト・ザイラーさんⓒYukimasa Miyagishi、和子・ザイラーさん、キオ・ザイラーさんⒸThomas Entzeroth

内容 ザイラーさんの追悼コンサート「ドイツの魂」
日時 9月25日(月)午後7時から
大阪工業大梅田キャンパス「常翔ホール」(大阪市北区)
定員 30人
締め切り 8月16日(水)(応募多数の場合は抽選)
問い合せ 大阪アーティスト協会(06・6135・0503)


小5のピアニスト向井洋子さんのリサイタルには100人 10月1日

 小学5年生のピアニスト、向井洋子さん(11)の「ピアノリサイタル~愛の旅~」は、10月1日(日)午後4時から、兵庫県西宮市の県立芸術文化センターKOBELCO大ホールで開かれる。 

 中国・蘇州生まれの向井さんは4歳半でピアノを始めた。海外のコンクールなどで優秀な成績を収め、カーネギーホールで演奏した経験もある。2年前に初のソロリサイタルを神戸市で開くなど将来が期待されている。

 リサイタルでは、バッハ「フランス組曲第5番ト長調」やベートーベン「ピアノ・ソナタ第5番ハ短調」などをソロで奏でるほか、バイオリン、チェロ、ビオラの演奏者とともにショパンの「ピアノ協奏曲第2番ヘ短調」を表現力豊かに演奏する。

写真=向井洋子さん

内容 「ピアノリサイタル~愛の旅~」
日時 10月1日(日)午後4時から
県立芸術文化センターKOBELCO大ホール(兵庫県西宮市)
定員 100人
締め切り 8月16日(水)(応募多数の場合は抽選)
問い合せ 大阪アーティスト協会(06・6135・0503)
終了しました

PR

  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター