「観月祭」への参加者募集 10月4日に住吉大社で

2017年08月14日 | イベント

 中秋の名月にあたる10月4日(水)、大阪市住吉区の住吉大社で「観月祭」が営まれる。わいず倶楽部は、この神事への参加者50人を募る。

 住吉大社は、白砂青松の風光明媚(めいび)な景観から、万葉集や古今和歌集などの歌集に数多く歌が詠まれている。境内にはたくさんの歌碑・句碑があり、「和歌の神さま」としても親しまれている。

 当日は、月が反橋上に上っていく幻想的な雰囲気の中、和歌と俳句が奉納され、朗詠される。献詠された和歌と俳句の入選者の表彰も行われる。

 参加者は当日午後5時15分に大社に集合(詳細は参加者に通知)。第一本宮で行われる奉告祭などを拝観。その後、反橋を舞台に行われる入選短歌と入選俳句の朗詠、舞楽、子どもたちによる住吉踊を、指定席から鑑賞する。

 参加費は1100円(初穂料、お茶席券、傷害保険料など)。希望者は8月28日(月)までに申し込む。応募多数の時は抽選。

写真=雲の隙間から顔を出した名月の下、反橋で営まれた「観月祭」(20169月撮影)

内容 住吉大社「観月祭」
日時 10月4日(水)住吉大社(大阪市住吉区)
午後5時15分に集合(詳細は参加者に通知)
参加費 1100円(初穂料、お茶席券、傷害保険料など)
定員 50人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 8月28日(月)
<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター