【終了】茶香服体験、一休寺拝観 「お茶の京都博」開催の京田辺を散策

2018年02月12日 | イベント

 京都府南部の山城地域で展開されている「お茶の京都博」(実行委主催)の会場の一つ、京田辺市で、わいず倶楽部が3月1日(木)に「京田辺散策ツアー」を開催する。同市特産の玉露を味わい、茶の産地を当てる「茶香服(ちゃかぶき)」を体験して、地元の酬恩庵(しゅうおんあん)一休寺を拝観する予定で、参加者を募集する。

 午前9時半、JR線京田辺駅に集合(詳細は参加証で通知)。市役所近くの中央公民館で、5種類のお茶を飲み分けて茶銘を当てる茶香服の要点や楽しみ方を日本茶インストラクターに教わる。その後、約1・2キロ離れた一休寺を拝観し、特別公開中の一休禅師ゆかりの品も見学する。最後は近鉄新田辺駅前の「お茶の京都はうす きょうたなべ」で、特産の玉露を楽しむ。

 全体で約4キロを歩く。午後1時過ぎに解散の予定。参加費は1人2000円(茶香服体験料、拝観料など含む)。定員30人(応募多数の時は抽選)。応募要領に沿って19日までに申し込む。

写真=玉露を楽しめる「お茶の京都はうす きょうたなべ」(京都府京田辺市)

内容 京田辺散策ツアー
(茶香服体験、一休寺拝観 「お茶の京都博」開催の京田辺を散策)
日時 3月1日(木)
午前9時半、JR学研都市線京田辺駅に集合(詳細は参加証で通知)
参加費 1人2000円(茶香服体験料、拝観料など含む)
定員 30人(応募多数の時は抽選)
締め切り 2月19日(月)
終了しました

PR

  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター