新梅田シティで自然観察会&天空美術館鑑賞会 5月24日、30日の午前と午後

2018年04月16日 | イベント

 わいず倶楽部は5月24、30の両日、高層ビルが立ち並ぶJR大阪駅北側の複合施設「新梅田シティ」(大阪市北区)にある「新・里山」と、建築家の安藤忠雄氏が発案して創設された「希望の壁」で自然観察会を開催する。合わせて梅田スカイビル(40階建て、173メートル)内の「絹谷幸二 天空美術館」鑑賞会も実施し、わいず会員計80人を無料招待する。

 「新・里山」は約8000平方メートルに水田などを配し、クヌギやコナラなどを植えて日本の原風景を再現している。昆虫が生息し、野鳥が飛来する。

 「希望の壁」は、高さ9メートル、長さ78メートル、奥行き3メートル。プランター約900個を設置し、約100種類2万本以上の多彩な植物で覆われた巨大緑化モニュメント。観察会の時期にはツツジやフジが鑑賞できる。

 天空美術館では、特別展示「平和へのメッセージ~情熱・元気・祈り~」を学芸員の解説付きで楽しむ。

 両日とも午前(10時半~12時半)と午後(2時~4時)の計4回開催。定員は各回20人(応募多数の場合は抽選)。希望の日時(第2希望まで)を選び、4月23日までに申し込む。

写真=(左から)新梅田シティの一角に整備され、都会で自然を感じることができる「新・里山」、安藤忠雄氏発案の「希望の壁」

内容 新梅田シティで自然観察会&天空美術館鑑賞会
日時 5月24、30の両日とも
午前(10時半~12時半)と午後(2時~4時)の計4回
新梅田シティ(大阪市北区)
定員 各回20人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 4月23日
備考 必ず、希望する時間帯(午前・午後)を明記してください。

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞