住吉大社の重要無形民俗文化財・御田植神事を観覧しませんか?

2018年05月14日 | イベント

 住吉大社(大阪市住吉区)で6月14日、「御田植(おたうえ)神事」が営まれる。わいず倶楽部は、五穀豊穣(ほうじょう)を願う神事を指定席から観覧する会員を募っている。

 国の重要無形民俗文化財に指定されており、まず第一本宮の神前で「本殿祭の儀」を拝観。植女(うえめ)から早苗を受け取った替植女(かえうえめ)らが田植えする様子を水田の周囲に設けられる指定席から見る。

 水田中央の舞台などでは、八乙女(やおとめ)による神楽「田舞(たまい)」のほか、田植踊、住吉踊、男児による棒打合戦などが奉納される。

 定員50人で、午後0時20分に集合(応募多数時は抽選し、当選者のみに詳細を通知)。参加費は1100円(拝観料、傷害保険料など)。21日までに申し込む。

写真=水田では昔ながらの代かきがあり、中央舞台では八乙女の田舞が奉納される(2017年6月、住吉大社で)

内容 住吉大社の御田植神事の観覧
日時 6月14日 午後0時20分に集合(当選者のみに詳細を通知)
住吉大社(大阪市住吉区)
定員 50人(応募多数時は抽選)
参加費 1100円(拝観料、傷害保険料など)
締め切り 5月21日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

終了しました

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 休暇村