京都・東寺で国宝の仏像を鑑賞 祇園祭・前祭も観覧するバスツアー募集

2018年05月21日 | イベント

 世界遺産である京都・東寺で国宝・重要文化財の仏像を鑑賞し、祇園祭・前祭で有料観覧席(全席指定)から山鉾(やまほこ)巡行を楽しむ日帰りバスツアーを、わいず倶楽部は読売旅行と共同で7月17日に企画、参加者を募っている。東寺では仏像案内人による解説があり、通常非公開の天皇陛下をお迎えする建物「小子房(しょうしぼう)」も貸し切り拝観する。

 東寺伽藍(がらん)の中心にある講堂には、弘法大師・空海が密教の教えをよりリアルに伝えようとした「立体曼荼羅(まんだら)」がある。大日如来を中心にした「五智如来」、その右に「五大菩薩(ぼさつ)」、左側には降三世(ごうざんぜ)明王などの「五大明王」が置かれ、守護するように「梵天(ぼんてん)」などが配されており、圧倒的な迫力を感じさせる。これらの仏像を、京都感動案内社代表の小嶋一郎さんが説明する。国宝・五重塔初層内部なども特別拝観する。

 当日は大阪・梅田を午前8時頃出発。午前は、四条通の観覧席から豪華絢爛(けんらん)な祇園祭の山鉾を間近に見学する。昼食はホテル日航プリンセス京都で季節の洋食を味わう。

 定員88人で参加費は1人1万6800円。旅行企画・実施は読売旅行関西法人営業課で、問い合わせは0120・952・141(月~土曜の午前9時半~午後5時半)へ。6月4日に締め切って抽選し、当選者に日程表・振込用紙を送る。別途予約が必要。

内容 京都・東寺で国宝の仏像を鑑賞、祇園祭・前祭で山鉾巡行を楽しむ
日帰り
バスツアー
日時 7月17日 梅田を午前8時頃出発
定員 88人(抽選し、当選者に日程表・振込用紙を送る。別途予約が必要
参加費 1人1万6800円
問い合わせ 読売旅行関西法人営業課
0120・952・141(月~土曜午前9時半~午後5時半)
締め切り 6月4日

※申し込みはわいず倶楽部ではありません。

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス