【終了】プロアマ 落語競演 7月7日「わいず寄席」林家花丸さんら出演

2018年06月04日 | イベント

 プロとアマチュア落語愛好家が出演する「第3回わいず寄席」が7月7日午後3時から、大阪市北区の読売大阪ビル地下1階「ギャラリーよみうり」で開かれる。出演者は落語家・林家花丸さん=写真=とアマチュア4人。木戸銭(料金)は1000円。定員90人(応募多数時は抽選)で、6月11日までに申し込む。

 林家花丸さんは兵庫県尼崎市出身で、1991年に4代目林家染丸さんに入門。滑稽噺(こっけいばなし)から人情噺まで幅広いレパートリーを持ち、99年に「なにわ芸術祭」最優秀新人賞を受賞、2014年には、上方落語の定席・天満天神繁昌亭で活躍した入門25年以下の落語家に贈られる「繁昌亭大賞」に選ばれた。宝塚歌劇ファンとしても知られる。花丸さんの演目は当日のお楽しみ。

 アマ4人は、得意とする古典落語や上方落語の演目を披露。とくに「まめだ」は、3代目桂米朝さんが初演したことでも知られる民話風の人情噺。当日のお囃子(はやし)は、はやしや絹代さんが担当する。

【演目】
◆演目と出演者は次の通り(出演順)◆
▽「宗論(しゅうろん)」(風流亭半丸=せみまる)
▽「相撲場風景」(末成亭鈴童=りんどう)
▽「金明竹」(湯快亭利楽)
 ◇…中入り…◇
▽「まめだ」(安傘亭菓南=あんさんてい・かなん)
▽「お楽しみ」(林家花丸)
(お囃子 はやしや絹代)

写真=林家花丸さん

内容 第3回わいず寄席
日時 7月7日 午後3時
読売大阪ビル地下1階「ギャラリーよみうり」(大阪市北区)
木戸銭(料金) 1000円
定員 90人(応募多数時は抽選)
締め切り 6月11日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。


終了しました

PR

  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス