【終了】なにわ淀川花火大会を梅田スカイビル27階の「絹谷幸二 天空美術館」から観賞する夕べに10人を募る

2018年06月25日 | イベント

 淀川の夏を彩る「なにわ淀川花火大会」が開かれる8月4日に、梅田スカイビル(大阪市北区)27階の「絹谷幸二 天空美術館」で、展示作品と花火をともに観賞する「夕べ」を同美術館が企画し、わいず会員から参加者を募る。

 当日は午後5時半、受付開始(詳細は参加証で通知)。同ビル25周年記念特別展の同美術館で、スカイビルをモチーフにした新作絵画や彫刻(いずれも初公開)を解説付きで見た後、館内で軽食と飲み物を楽しむ。

 第30回記念となる花火は午後7時40分開始予定。眼下から打ち上げられ、高さ100メートルを超える目前で開く花火の迫力は圧巻だ。実際のさく裂音も音響設備で館内に取り込み、臨場感も十分味わえる。花火終了の同8時40分頃、解散予定。

 定員10人(応募多数の場合は抽選)で、参加費は1人7000円(天空美術館のオリジナルグッズ付き)。7月2日までに申し込む。

写真=梅田スカイビルから見た「なにわ淀川花火大」(大阪市北区で、積水ハウス提供 ⓒjunior)

内容 なにわ淀川花火大会を「絹谷幸二 天空美術館」から観賞する夕べ
日時 8月4日午後5時半、受付開始(詳細は参加証で通知)
梅田スカイビル(大阪市北区)

定員 10人(応募多数の場合は抽選)
参加費 1人7000円(天空美術館のオリジナルグッズ付き)
締め切り 7月2日
<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 
終了しました

PR

  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター