【終了】「休暇村」6施設の宿泊券を7組にプレゼント 秋の旅行シーズン向け

2018年07月02日 | イベント

 わいず倶楽部と提携しているリゾートホテル「休暇村」から、6施設のペア宿泊券を抽選で計7組にプレゼントする。秋の旅行シーズン向けで、宿泊適用期間は9月2日から12月中旬まで(一部使えない日あり)。

 施設は「蒜山(ひるぜん)高原」(岡山県真庭市)、「南伊豆」(静岡県南伊豆町)、「近江八幡」(滋賀県近江八幡市)、「南紀勝浦」(和歌山県那智勝浦町)、「大久野島」(広島県竹原市)、「雲仙」(長崎県雲仙市)。「蒜山高原」は2組に、ほかは各1組に贈る。希望の1か所を選んで、16日までに申し込む。

 蒜山は岡山、鳥取県境に位置して大山連峰の東に連なる上、中、下蒜山の三つの峰(大山隠岐国立公園)の総称。休暇村「蒜山高原」はこの南側に位置し、雄大で牧歌的な風景を、四季を通してパノラマで満喫できる。豊かな高原の恵みや、日本海から瀬戸内を結ぶ山海の味覚を楽しめ、天然温泉で湯治もでき、ゆったりと過ごせる。秋の紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬。

写真=蒜山(奥)を望む休暇村「蒜山高原」

内容 「休暇村」6施設のペア宿泊券
当選者数 「蒜山高原」は2組、ほかは各1組(応募多数の場合は抽選)
備考 希望される施設を1か所だけ選び、希望理由を書いてご応募ください。
お一人で複数回の応募はできません。
締め切り 7月16日

プレゼントご希望の方は希望理由をご記入ください。

わいず会員向け宿泊優待特典を延長

 わいず倶楽部と休暇村は、休暇村と休暇村グループの宿計23施設で実施している宿泊優待提携を12月末まで延長した。

 宿泊優待の対象は、東海・信州より西の休暇村21施設とグループの宿2施設で、基本プランで大人1人1泊が1000円引き。企画プランは1回の利用につき、500円相当のお土産を進呈する。「わいず倶楽部会員」と告げて予約し、入館時に会員証を提示。同伴者4人(会員以外も可)まで同じ優待が適用される。

 予約は半年先まで可能で、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始など優待の対象外となる期間があり、宿泊施設に確認が必要。他の優待・割引券などと併用はできない。

終了しました

PR

  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞