絵本作家いわむらかずお展鑑賞会に会員ら50人招待 ご家族も一緒にどうぞ

2018年07月30日 | 募集終了

 雑木林に暮らす野ネズミの家族の暮らしを描いた「14ひきのシリーズ」などの作品で世界に知られる絵本作家いわむらかずおさんの特別展「絵本作家 いわむらかずおの世界」が姫路文学館(兵庫県姫路市)で開かれている。わいず倶楽部では、学芸員による特別展の見どころなどが聞ける8月18日の特別鑑賞会に、会員ら計50人を招待する。

 14ひきのシリーズは、12作で累計1000万部を超えるベストセラーに。いわむらさんは2014年に仏芸術文化勲章「シュバリエ」を受章している。

 鑑賞会では、午後2時からボランティアによる読み聞かせがあり、幼児や小学低学年の児童も楽しめる内容で、わいず会員の家族の参加も歓迎する。

 学芸員の解説を聞いた後、小さな生き物と同じ目の高さで精細豊かに描き出された原画など約300点が並ぶ展覧会場を自由に観覧する。

 参加希望者全員の氏名、年齢(学年)を書いて、8月6日までに申し込む。応募多数の場合は抽選。特別展は9月2日まで(月曜休館)。

写真=ⓒいわむらかずお/14ひきのあさごはん(童心社)

内容 絵本作家いわむらかずお展鑑賞会
日時 8月18日
姫路文学館(兵庫県姫路市)
定員 50人(応募多数の場合は抽選)
備考 参加希望者全員の氏名、年齢(学年)を記入
締め切り 8月6日

 <同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。


終了しました

PR

  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞