33年に1度開帳の秘仏に会いに行こう!滋賀・櫟野寺など日帰り&1泊バスツアー

2018年09月17日 | イベント

 わいず倶楽部は読売旅行と共同で、滋賀県甲賀市の天台宗の古刹(こさつ)、櫟野寺(らくやじ)で33年に1度開帳される秘仏本尊の十一面観世音菩薩坐像(重要文化財)を拝観する日帰りと1泊2日の二つのバスツアーを企画した。今秋しか体験できない旅の参加者を募っている。

 櫟野寺の十一面観音は平安時代の作で像高3メートル。重文の観音坐像としては国内最大で、重厚な姿と整った顔立ちが安らぎを与えてくれる。

 日帰りは10月28日、11月11日、22日、27日、30日で午前9時に大阪・梅田発。同寺で観音像に参拝後、佐川美術館(守山市)でビートたけしさんの作品を集めた「アートたけし展」を鑑賞。自然の中でスイーツを味わえる「ラ コリーナ近江八幡」で買い物も楽しむ。参加費1人1万1800円で、定員は各日43人。

 1泊2日は11月6日午前11時にJR大阪駅に集合。櫟野寺を拝観後、奈良国立博物館で第70回正倉院展を見て奈良市泊。7日は元興寺で国宝禅室を見学後、屋根裏を探検。興福寺では落慶間もない中金堂のほか、国宝館や東金堂で仏像を鑑賞し、京都国立博物館に向かって「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」展で多くの名刀も見る。参加費は1人5万9800円(2人1室の場合)で定員26人。

 いずれも企画・実施は読売旅行関西法人営業課。問い合わせは0120・952・141(月~土曜午前9時半~午後5時半)。10月8日に締め切って抽選し、当選者に日程表・振込用紙を送る。別途予約が必要。

写真=十一面観世音菩薩坐像(櫟野寺提供)

日帰りバスツアー

日時 10月28日、11月11日、22日、27日、30日
午前9時に大阪・梅田発
定員 各日43人
(応募多数の場合は抽選、当選者に日程表・振込用紙を送る。別途予約が必要)
参加費 1人1万1800円
締め切り 10月8日
問い合わせ 読売旅行関西法人営業課
0120・952・141(月~土曜午前9時半~午後5時半)

1泊バスツアー

日時 11月6日
午前11時にJR大阪駅に集合
定員 26人
(応募多数の場合は抽選、当選者に日程表・振込用紙を送る。別途予約が必要)
参加費 1人5万9800円(2人1室の場合)
締め切り 10月8日
問い合わせ 読売旅行関西法人営業課
0120・952・141(月~土曜午前9時半~午後5時半)

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

⇒読売旅行のホームページはこちら

PR

  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞