大阪バッハ合唱団第16回公演「J.S.BACHマタイ受難曲」に20人を招待

2019年02月18日 | 募集終了

 3月31日午後2時、兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール(兵庫県西宮市)。音楽の父・バッハが演奏していたドイツ・ライプチヒのニコライ教会音楽監督、ユルゲン・ヴォルフ氏を指揮者に迎える。同合唱団の音楽監督でテノール歌手の畑儀文さんがエヴァンゲリスト(福音史家)、イエスは篠部信宏さん。公演は約3時間(字幕付き)。問い合わせは同合唱団(080・1475・6250)へ。応募締め切りは2月25日。

写真=指揮を執るユルゲン・ヴォルフ氏

内容 大阪バッハ合唱団第16回公演「J.S.BACHマタイ受難曲」
日時 3月31日午後2時
兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール(兵庫県西宮市)
定員 20人(応募多数時は抽選)
締め切り 2月25日
問い合わせ 大阪バッハ合唱団(080・1475・6250)

プレゼントご希望の方は希望理由をご記入ください。

終了しました

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター