北野タダオさんをしのぶ演奏会

2019年03月11日 | 募集終了

 日本を代表するビッグバンド「アロージャズオーケストラ(AJO)」の第116回定期演奏会が、4月19日午後7時からサンケイホールブリーゼ(大阪市北区)で開かれる。昨年10月に亡くなった同オーケストラの創設者・北野タダオさんをしのんで、ゆかりの曲を披露する。わいず倶楽部は会員10人を招待する。

 北野さんは1958年、大阪梅田のナイトクラブ・クラブアローの専属バンド「北野タダオとアロージャズオーケストラ」を結成。一流バンドのリーダーとして、引退するまでの50年間、ジャズ界で活躍した。

 演奏会では、北野さんと親交が深かった日本のジャズクラリネット奏者の草分けで、90歳を迎える北村英治さんがゲスト出演。「シング・シング・シング」「あなたの思い出」「月の砂漠」「君恋し」などを披露し、思い出話を交えながら北野さんをしのぶ。午後9時終演の予定。

 3月18日までに申し込む。チケットは一般4800円(全席当日指定)でローソンチケットなどで発売中。演奏会の問い合わせはサウンドニュー(06・6438・0208)へ。

写真=北野タダオさん

内容 「アロージャズオーケストラ(AJO)」の第116回定期演奏会
日時 4月19日午後7時から
サンケイホールブリーゼ(大阪市北区)
定員 10人(応募多数時は抽選)
締め切り 3月18日
演奏会の
問い合わせ
サウンドニュー(06・6438・0208)
チケットは一般4800円(全席当日指定)でローソンチケットなどで発売中

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。

終了しました

PR

  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • 休暇村