仁徳天皇陵~橿原神宮~石舞台巡る学びの旅 10月バスツアー

2019年07月23日 | イベント

 わいず倶楽部は読売旅行と共同で、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」を代表する堺市の仁徳天皇陵古墳(大山古墳、全長486メートル)などを見学し、奈良県の橿原神宮や石舞台古墳も回る日帰りバスツアー「学びの旅」を10月26日に企画し、参加者を募る。

 百舌鳥・古市古墳群は、6日の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、大阪府内で初の世界遺産登録が決まった。登録されたのは、4世紀後半~5世紀後半に大阪平野南部に築かれた49基の古墳で、うち29基は古代の天皇や皇族の墓として宮内庁が管理している。仁徳天皇陵古墳は、国内最大規模の前方後円墳。

 バスツアー当日は午前9時頃、大阪・梅田発。堺市役所に向かい、地上80メートルにある21階の回廊式展望ロビーで、南南東に約1キロ離れた仁徳天皇陵古墳を眺めながら説明を聞く。その後、同古墳そばの堺市博物館へ移動し、巨大古墳の意義や役割、古墳が堺のまちに及ぼした影響などを学ぶ。

 展望と見学には、NHKの紀行番組「ブラタモリ」でも古墳と堺の歴史を解説した堺市博物館学芸員の白神典之さんが同行する。

 午後は、奈良県橿原市で昼食後、橿原神宮を参拝。通常入ることができない内拝殿や重要文化財の「文華殿」を神職の案内で回る。すぐ北にある神武天皇陵も専門ガイドの説明を聞きながら見学する。

 最後は同県明日香村で、巨石30個を積み上げて造られ、蘇我馬子の墓との説が有力な「石舞台古墳」も見る。午後5時頃、大阪駅前に帰着予定。

 定員40人で、参加費は1人1万5800円。企画・実施は読売旅行関西戦略営業課。問い合わせは0120・952・141(日曜祝日を除く午前9時半~午後5時半)。8月5日に締め切って抽選し、当選者に申込書を送る。改めて予約が必要。

写真=仁徳天皇陵古墳(上空南西から)=堺市提供

内容 仁徳天皇陵~橿原神宮~石舞台巡る日帰りバスツアー
日時 10月26日午前9時頃、大阪・梅田発
定員 40人
(応募多数時は抽選、当選者に申込書を送る。改めて予約が必要)
参加費 1人1万5800円
締め切り 8月5日
問い合わせ 読売旅行関西戦略営業課
0120・952・141(日曜祝日を除く午前9時半~午後5時半)

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

PR

  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村
  • 記念日の新聞