「立川らく朝 健康落語×よみうり回想サロン」に30人を招待

2019年09月02日 | イベント

 5月の週刊わいず倶楽部で紹介した、過去の新聞記事からのクイズで脳をトレーニングするDVD「よみうり回想サロン」と落語を楽しめるイベント「立川らく朝 健康落語×よみうり回想サロン」(読売新聞社主催、太陽生命保険協賛)が、10月4日午後1時半から、大阪市北区の読売新聞大阪本社で開かれる。わいず倶楽部は会員30人(応募多数時は抽選)をこの催しに招待する。

 医学博士の立川らく朝さんは、健康教育と落語をミックスした「健康落語」の第一人者で、2015年から真打ちを務め、全国で公演を展開している。

 応募受付は、わいず倶楽部事務局ではなく、大阪よみうり文化センター(〒530・0055大阪市北区野崎町5の9)。希望者全員の会員番号と郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、職業を明記し、はがきかファクス(06・6361・3327)で「健康落語」係へ。メール(honbu@oybc.co.jp)でも申し込める。締め切りは9月10日正午必着。

写真=立川らく朝師匠

内容 立川らく朝 健康落語×よみうり回想サロン
日時 10月4日午後1時半から
読売新聞大阪本社(大阪市北区)
定員 30人(応募多数時は抽選)
締め切り 9月10日正午
応募受付 希望者全員の会員番号と郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、職業を明記し、
大阪よみうり文化センター「健康落語」係へ。
・はがき 〒530・0055大阪市北区野崎町5の9
・ファクス 06・6361・3327
・メール honbu@oybc.co.jp

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 休暇村