わいずウォーク 11月16日に二つの継体天皇陵などたどる

2019年10月07日 | イベント

 わいず倶楽部は11月16日、第50回わいずウォークを「高槻と茨木 二つの継体天皇陵を巡る」と題して実施する。大阪府高槻市から茨木市にかけて約10キロを歩く1日コース。定員210人で、参加費は100円(傷害保険料)。10月15日までに申し込む(応募多数の場合は抽選)。

 第26代継体天皇には謎が多く、宮内庁が陵墓を「太田茶臼山古墳」(茨木市)と指定している一方で、実際は「今城塚古墳」(高槻市)の可能性が高いとされている。

 当日は午前9時45分からJR高槻駅北約1キロの上宮天満宮で開始式を行う。この二つの古墳のほか、素戔嗚尊(すさのおのみこと)神社、闘鶏野(つげの)神社、鴨神社などをたどる。史跡新池ハニワ工場公園で弁当(持参)を食べ、ゴールのJR摂津富田駅には午後2時過ぎに到着の予定。

⇒第49回わいずウォーク活動報告はこちら

内容 第50回わいずウォーク
「高槻と茨木 二つの継体天皇陵を巡る」
約10キロを歩く1日コース
日時 11月16日
午前9時45分からJR高槻駅北約1キロの上宮天満宮で開始式を行う
(詳細は参加者に通知)
参加費 100円(傷害保険料)
定員 210人(応募多数の場合は抽選)
締め切り 10月15日
備考 弁当持参

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

PR

  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 記念日の新聞
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター