舞妓さんとお座敷遊び!「初めての祇園体験」第2弾を来年1月に

2019年12月06日 | イベント

 わいず倶楽部は、昨年10月に開催して人気を集めた大人の社会見学「初めての祇園体験」の第2弾を、来年1月15、18両日に開催する。「一見(いちげん)さんお断り」の習慣が残る花街の粋や風情を味わえる参加者(定員各日30人、応募多数時は抽選)を募る。

 両日とも午前10時45分に京都市左京区の料亭「岡崎つる家」に集合(詳細は参加者に通知)。前回と同じく、祖母、母から受け継いだお茶屋「京屋」の女将(おかみ)で、スナック「ぎをん てる子」を切り盛りするてる子さんを講師役に、祇園の歴史やしきたり、客としてのマナーなどを学ぶ。オードリー・ヘプバーンらハリウッドスターや内外の要人と交流してきたエピソードも語ってくれる。

 昼食は、昭和天皇即位の大礼を機に京都に開店し、多くの国賓を迎えてきた「岡崎つる家」の懐石料理フルコースを堪能。祇園甲部の芸妓(げいこ)・照豊さん、舞妓(まいこ)の豆珠さん、豆結さんの京舞を鑑賞し、「とらとら」などのお座敷遊びにも挑戦する。芸舞妓・地方さんも黒紋付きの正装(15日のみ)で芸を披露する。

 参加費は1人2万7800円(料理代含む)で、希望日を選択し、12月23日までに申し込む。

写真=(左から)2018年に実施した「初めての祇園体験」の様子、照豊さん、豆珠さんと豆結さん

⇒前回の様子はこちら

内容 大人の社会見学「初めての祇園体験」第2弾
日時 2020年1月15、18両日
料亭「岡崎つる家」(京都市左京区)
両日とも午前10時45分集合(詳細は参加者に通知)
定員 各日30人応募多数時は抽選
参加費 1人2万7800円(料理代含む)
締め切り 12月23日
<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

PR

  • 休暇村
  • 記念日の新聞
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス