「カラヴァッジョ展」鑑賞会に50人

2019年12月16日 | 募集終了

 あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)で26日から開催される「カラヴァッジョ展」(読売新聞社など主催)で、わいず倶楽部は会員限定の鑑賞会を、来年1月17日午後2時から実施する。学芸員の解説を聞いた後、展覧会を自由に鑑賞する。

 ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571~1610)はバロック絵画の形成に大きな影響を与えたイタリアの画家。今回の展覧会では「リュート弾き」など日本初公開を含む約10点と、同時代の画家らの作品を加えた計約40点が出品される。会員限定の鑑賞会では、浅川真紀・同美術館上席学芸員が見どころ解説を行う。

 参加費は1400円(観覧料、展覧会グッズ代含む)で、定員50人(応募多数時は抽選)。集合場所など詳細は当選者に通知する。23日までに申し込む。

 展覧会は来年2月16日までで、12月31日、1月1、14日は休館。入場料は当日一般1600円など。問い合わせは同美術館(06・4399・9050)へ。

写真=「法悦のマグダラのマリア」 1606年 個人蔵

内容 「カラヴァッジョ展」鑑賞会
日時 2020年1月17日午後2時から
あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)
定員 50人(応募多数時は抽選)
参加費 1400円(観覧料、展覧会グッズ代含む)
締め切り 12月23日
<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。
終了しました

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪読売サービス
  • 記念日の新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 休暇村