迫力満点 マンモス展に10人を招待

2020年07月20日 | 募集終了

 わいず倶楽部は、大阪南港のATCギャラリー(大阪市住之江区)で31日から始まる「マンモス展 その『生命』は蘇(よみがえ)るのか」(読売新聞社など後援)に、わいず会員10人を招待する。27日までに申し込む。同展は9月22日まで。

 会場では、ロシア・サハ共和国の永久凍土から発掘された「ユカギルマンモスの頭部」(冷凍標本)のほか、世界初公開となる3万年以上前のケナガマンモスの鼻や皮膚、4万年以上前の子馬(いずれも冷凍標本)などを展示。近畿大の生命科学研究「マンモス復活プロジェクト」も紹介している。

 会期中無休で、開館は午前10時~午後5時。一般、大学・高校生は1700円。中学・小学生は900円。小学生未満は無料。

写真=「ユカギルマンモスの頭部」冷凍標本

内容 マンモス展 その『生命』は蘇るのか
日時 7月31日から9月22日まで
ATCギャラリー(大阪市住之江区)
当選者数 10人(応募多数時は抽選)
締め切り 7月27日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • すくすく新聞
  • OYS WEBSTORE