大観と春草 日本画の美―福田美術館に20人を招待

2020年08月10日 | 募集終了
横山大観「霊峰不二」

 わいず倶楽部は、京都・嵐山の福田美術館で10月11日まで開催されている企画展「大観と春草―東京画壇上洛―」に、20人を招待する。17日までに申し込む。

 日本画の巨匠・横山大観と、その盟友で36歳で早世した菱田春草は、美術学校時代から苦楽を共にしながら、西洋画研究や、琳派などの古美術研究を踏まえ、新しい日本画を切り開いてきた。

 大観は「霊峰不二」「緑隠高士」「嵐之行へ」など約30点、春草は絶筆となった「早春」など約20点を展示する。ほかに下村観山、川合玉堂など、大観・春草と同時代の東京画壇の画家たちの作品も並べられる。前期(31日まで)と後期(9月2日~10月11日)で一部の作品を入れ替える。

写真=横山大観「霊峰不二」

内容 企画展「大観と春草―東京画壇上洛―」
日時 前期(8月31日まで)後期(9月2日~10月11日)
福田美術館(京都・嵐山)
当選者数 20人(応募多数時は抽選)
締め切り 8月17日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 大阪読売サービス
  • 休暇村
  • 大阪よみうり文化センター
  • すくすく新聞
  • OYS WEBSTORE
  • 記念日の新聞