名月眺め 京料理に舌鼓-10月1日に京都・三鈷寺で

2020年08月31日 | イベント

 わいず倶楽部は、「天空の寺院」として知られる三鈷寺(さんこじ)(京都市西京区)で、10月1日に中秋の名月鑑賞会を読売旅行と企画し、参加者を募る。

 平安貴族は酒を酌み交わしながら名月を眺めたとされている。往時に思いをはせ、京都盆地や宇治まで一望できる寺院で名月を楽しみ、有名店の京料理を味わう。

 午後1時30分にJR京都駅に集合。バスで「黄桜」の酒造蔵と地ビール工場を見学し、三鈷寺へ。境内を巡った後、寺院内で「いっぷく亭」の夕食をとる。午後8時に同寺を出発し、午後8時50分頃にJR京都駅で解散。天候によって月が見えないこともある。

 定員は18人で、参加費は通常2万2000円だが、キャンペーンなどの活用で1万5000円。申し込み、問い合わせは読売旅行関西戦略営業課(0120・952・141。土日、祝日を除く午前10時~午後5時)へ。締め切りは9月14日。定員を超えた場合、抽選し、当選者に申込書を送る。当選者は改めて予約する。

写真=境内から京都盆地を望む(三鈷寺提供)

内容 中秋の名月鑑賞会
三鈷寺(京都市西京区)
日時 10月1日
午後1時30分にJR京都駅に集合
定員 18人
参加費 キャンペーンなどの活用で1万5000円
締め切り 9月14日(抽選し、当選者に申込書を送る。当選者は改めて予約する)
問い合わせ 読売旅行関西戦略営業課
0120・952・141(土日、祝日を除く午前10時〜午後5時)

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

PR

  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • OYS WEBSTORE
  • 休暇村