秋の京都1泊ツアー――平等院紅葉ライトアップと、高山寺鳥獣人物戯画鑑賞

2020年09月28日 | イベント

 わいず倶楽部は11月15日、高山寺(京都市右京区)で早朝特別拝観と鳥獣人物戯画を鑑賞する1泊2日のツアーを実施する。また、11月23日に平等院(京都府宇治市)のライトアップや早朝の嵐山で紅葉を楽しむ1泊2日のツアーも開催。政府の観光支援策「Go To トラベル」事業を活用し、新型コロナウイルスの感染防止対策を取りながら、世界遺産や国宝を巡り、秋の京都を楽しむツアーを読売旅行と企画した。

 高山寺ツアー(1泊3食付き)は、午前11時40分にJR京都駅に集合。京町家で創作フランス料理の昼食をとり、建仁寺(京都市東山区)へ。参拝後は周辺の寺社などを自由見学する。嵐山のサンメンバーズ京都嵯峨に宿泊する。

 2日目は午前7時45分から高山寺の早朝特別拝観。国宝の石水院や普段は非公開の茶室・遺香庵(いこうあん)を僧侶の案内で見学し、鳥獣人物戯画(複製)を鑑賞する。その後、神護寺で国宝の五大虚空蔵菩薩(ぼさつ)像の拝観のほか、愛宕(おたぎ)念仏寺や化野(あだしの)念仏寺も巡る。嵐山を自由散策し、午後3時40分頃JR京都駅で解散する。

 平等院ツアー(1泊2食付き)は、午後1時30分にJR京都駅に集合。世界遺産の宇治上神社で、最古の神社建築とされる国宝の本殿などを見学。興聖寺(宇治市)では、紅葉のトンネルとして知られる参道の琴坂を歩く。辰巳屋で京会席の夕食をとり、平等院のライトアップを楽しむ。新型コロナ対策のため、今年のライトアップは団体客のみ受け入れている。宿泊は嵐山温泉・渡月亭。

 2日目は、早朝から嵯峨野の竹林の道の散策などができる。午前9時に宝厳院(京都市右京区)へ向かい、「獅子吼(ししく)の庭」を歩く。また、通常は非公開の「書院」と本堂ふすま絵「風河燦燦(ふうがさんさん)三三自在」を貸し切りで特別拝観する。

 午後から宝菩提院願徳寺(同市西京区)で住職の法話を聞き、美仏として知られる国宝の如意輪観音菩薩半跏(はんか)像を拝観する。さらに勝持寺(同)の紅葉を見て、午後3時40分頃にJR京都駅で解散。

 両ツアーとも、参加費は6万3800円のところをキャンペーン活用で4万9800円になる。定員は各20人。申し込み、問い合わせは読売旅行関西戦略営業課(0120・952・141。土日曜、祝日を除く午前10時~午後5時)へ。締め切りは10月12日。抽選し、当選者に申込書を送る。当選者は改めて予約する。

写真=(左から)高山寺の石水院廂の間=高山寺提供、宝厳院書院から見る「獅子吼の庭」=宝厳院提供

内容 秋の京都1泊ツアー
日時 ■高山寺ツアー(1泊3食付き)
11月15日
午前11時40分にJR京都駅に集合
■平等院ツアー(1泊2食付き)
11月23日
午後1時30分にJR京都駅に集合
定員 各20人
参加費 キャンペーンなどの活用で4万9800円
締め切り 10月12日(抽選し、当選者に申込書を送る。当選者は改めて予約する)
問い合わせ 読売旅行関西戦略営業課
0120・952・141(土日曜、祝日を除く午前10時〜午後5時)

※ご注意ください!
申し込み、お問い合わせは、わいず倶楽部事務局ではありません

⇒読売旅行のホームページはこちら

PR

  • 大阪読売サービス
  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • OYS WEBSTORE
  • 休暇村
  • すくすく新聞