昭和レトロの新開地を満喫しよう――3月に神戸でツアー

2021年01月25日 | 募集終了

 わいず倶楽部は、神戸・新開地周辺を散策し、定席「喜楽館」で落語を楽しむ「魅惑のウラKOBEを満喫!~昭和レトロのまち新開地探訪と喜楽館落語鑑賞~」を、3月2、9日に開催する。昨秋の実施が好評で、抽選で落ちた人も多かったため、再び企画した。

 新開地はかつて、東京の浅草と並び称される歓楽街としてにぎわい、現在は女性も楽しめる昭和レトロの街として再注目されている。喜楽館は2018年、上方落語の定席として新開地に開館。講談や浪曲、ジャズなども上演されている。

 当日は午前10時30分に新開地まちづくりスクエアに集合。開演前の喜楽館のバックヤードを見学し、舞台上で記念写真を撮影する。その後、聚楽館、松竹座跡などを巡り、映画「罪の声」のロケが行われた割烹(かっぽう)「大力」で昼食。自由時間を挟んで喜楽館で昼席を鑑賞し、新開地名物の春陽軒の豚まんを受け取って解散となる。今回も「カリスマガイド」の西島陽子さんが案内する。

 密を避けるため、定員は両日とも20人に絞る。参加料は4980円(昼食代、ガイド料、席代、お土産代含む)。2月5日までに申し込む。新型コロナ対策を取るが、感染拡大などで内容を変更、中止する場合もある。

写真=新開地を歩く参加者たち(昨年9月15日、神戸市兵庫区で)

⇒ウラKOBE・新開地をぶらり

内容 魅惑のウラKOBEを満喫!
~昭和レトロのまち新開地探訪と喜楽館落語鑑賞~
日時 3月2日
3月9日
午前10時30分に新開地まちづくりスクエアに集合
定員 両日とも20人
参加費 4980円(昼食代、ガイド料、席代、お土産代含む)
締め切り 2月5日
備考 新型コロナ対策を取るが、感染拡大などで内容を変更、中止する場合もある

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • すくすく新聞
  • 大阪よみうり文化センター
  • 大阪読売サービス
  • OYS WEBSTORE
  • 休暇村
  • 記念日の新聞