感動 イリュージョンの世界――木下大サーカスの特別見学会に招待

2021年07月05日 | 募集終了

 「木下大サーカス大阪公演」(読売新聞社など主催)が、9月5日まで大阪市中央区の大阪城公園・太陽の広場特設会場で開かれている。アクロバットや猛獣ショーなど、めくるめくイリュージョンの世界を、多くの家族連れらが楽しんでいる。わいず倶楽部は、出演者の特別トークなどプレミア体験を盛り込んだ見学会を26日に開催する。

 木下大サーカスの大阪公演は、2018年12月~19年3月以来。空中ブランコやジャグリング、オートバイショーなどのほか、ホワイトライオンやゾウ、シマウマのショーなども繰り広げられる。平安時代の陰陽師・安倍晴明ゆかりの伝説をモチーフに、足で支えたふすまの上で書や早変わりを披露する「葛の葉」をはじめ、はしごや綱を使った日本の伝統芸といった「和」の要素も盛りだくさんだ。

 わいず倶楽部見学会では、午後2時からの公演が終了したあと、出演者に練習の苦労話ややりがいなどを聞く。定員20人。参加料は1800円(ロイヤルブルー指定席料金のみ。入場料は招待)。申し込み締め切りは12日。

 木下大サーカス大阪公演は、1日2回開演(日曜・祝日、休日は3回)。木曜と一部の水曜は休演。当日入場料(自由席)はおとな3300円、3歳~高校生2300円、大学生・専門学校生2500円。指定席は種類に応じて入場料プラス1500~2500円が必要。公演の問い合わせは木下大サーカス大阪公演事務局(06・6910・0405)。

写真=(左から)象が登場するエキゾチックなショー(木下サーカス提供)、安倍晴明ゆかりの伝説を題材にした「葛の葉」(木下サーカス提供)

内容 木下大サーカスの特別見学会
日時 7月26日
大阪城公園・太陽の広場特設会場(大阪市中央区)
当選者数 20人(応募多数時は抽選)
参加料 1800円(ロイヤルブルー指定席料金のみ。入場料は招待)
締め切り 7月12日

<同行希望の応募方法>
 同行希望の方は、各自のIDでログインして、それぞれで応募したうえ、コメント欄に同行者の会員番号と名前を書いて下さい。
 ひと言メッセージもお忘れなく。

終了しました

PR

  • 大阪よみうり文化センター
  • 記念日の新聞
  • 学ント
  • OYS WEBSTORE
  • 休暇村
  • 大阪読売サービス
  • すくすく新聞